BMW−M10 life

If you love BMW M10, you came to the right place.

welcome to M10Life.

Please be aware M10Life is a 'personal blog' with contributors, strictly focused on automotive.
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Weather
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
SAKオート
 FOR SALE 。。。?



CB250RS YAJIMAスペシャル、雰囲気のあるヤレた塗装は当時のまま、エンジンはこのクラスでは知る人ぞ知るSAK(スペシャルオートカクダ)の角田さんにより仕上げられた1品。 280cc+ビッグバルブ+輸出用XR500用キャブ等の改造が施されている。

角田氏に仕上げられたこのエンジンは本当に調子よく、よく走る。  乗るたび 六甲に上がりたくなる。
そろそろ手放そうかと思うが、乗るたびにエンジンのフィーリングに惚れ直しもう少し乗っていようと思iいとどまり現在に至っている。 

今回もまたそろそろ・・・と思いながらキックする。

相変わらずキック1発で目覚めるエンジン。

やっぱイイやん♪


久々にSAKオートに遊びに行ってみる。



ショーウィンドウには丹念に仕上げられたエンジンが並び 新しいオーナーを待っている。



店の中には数々のサーキットでコースレコードを持つ現役の125レーサーが・・・ カッコいい・・・
 


六甲全盛時代は一世風靡した神戸を代表するシングルチューニングショップSAK。

今も全国からチューニングの以来が絶えないマニアックなショップなのだ。^〜^)ーーー

http://senum.jp/xsenum/modules/tinyd0/index.php?id=3

http://senum.com/sak/



| BIKE | 23:59 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
忘れかけてた感覚






先日、九州の02レーサー だいごろう氏のブログを見ていると峠ネタが載っていた。久々に単車で六甲を走りたくなり、少し時間ができたので今朝走りに行ってきた。イヒヒ
家から山まで数分で行けるが、ここ数年 歳?のせいか単車で山を走るという感覚をすっかり忘れていた。
土日は単車通行不可の表六甲から山頂へ上がり、六甲牧場へ抜け森林植物園(再度山)方面にぬける。
相変らず下界とは違い、山の空気はひんやり結晶澄んでいて気持ちイイラッキー
昔は再度山も単車通行できたので再度に抜けて峠を満喫していたが、道幅も狭くタイトコーナー連発の再度(ふたたび山)は残念ながら今では単車は通行できない。[:がく〜:]
コーナーを抜けるたびに昔の感覚が甦ってくる。ウィンク
コーナーで風の感覚に酔いしれ、少しずつアクセルが開き気味に。。イヒヒ
前輪後輪の加重移動がはげしくなり、攻めの体勢にひやひやあかんあかん…やばいやばい・・・たらーっ
ここのところ4輪に夢中で、この感覚を忘れかけていた。
たまには倉庫や車庫の片隅に眠っている相棒、ひっぱり出してみるのもいいかも。。。ウィンク晴れ曇り

| BIKE | 23:36 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
続、見て想像して楽しむもの・・・


これですね。。。モータースポーツ
| BIKE | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
見て想像して楽しむもの・・・


仕事でいつもお世話になっているスタジオには、僕の中では基本形のなかの1台のカフェレーサーが置かれている。
高校で免許を取得して以来 数々の単車にまたがってきたが、やはりカフェレーサーかモトクロッサーが大好きだ。
以前 MVAGUSTA350Bにまたがっていたことがあるが、左右逆のキックとシフトにブレーキに当初は戸惑った記憶がある。
見てれば最高!乗れば・・・・。冷や汗
それでもフィーリングは最高?!だった。たらーっ
このMVもいつも「乗る?」って言われてきたが、やはりこのままそっと飾っておくべき代物だと思い、いつも走る姿を想像し楽しませてもらっている。
シンプルかつ繊細で機能的?なデザイン。。。
この時代の単車も車も見てて飽きないのはなぜだろう。


| BIKE | 23:11 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP